SECOND LIFE OF NOKOGIRI


『音の公開制作』〜AmaMo(s) 旅の中で〜

ピアノ演奏 :犬飼裕哉
日時:9月23日(土)15時〜
会場:のこぎり二
【プロフィール】
犬飼裕哉 Inukai Yuya (Piano)
愛知県一宮市生まれ
クラシック演奏者としての研鑽を積む一方で、他芸術との融合企画に関心を抱き、独自のパフォーマーとしての道を開拓中。 これまでに日本舞踊、箏、朗読、映像作品との共演、展覧会や個展オープニング等で作品や雰囲気から受けたインスピレーションによる即興演奏、 ダンサーとの即興パフォーマンス、パーティやワークショップでのBGM演奏など空間芸術としてのパフォーマンスに挑戦し披露している。
作品・人・場と共に今を生きる音楽の体現を目指す。
出演
第5回アジア文化芸術祭、山の広場芸術祭2016「身体という大地より」等

「それでも僕らが旅にでる理由」

AmaMo(s)
2017.9.16(土)-9.24(日) 10:00-17:30
詳しくは下記URLよりご覧下さい。
https://www.facebook.com/events/1894007080862779/?fref=ts


第十二回のこ座報告書 PDF版ダウンロード(nokoza12_report.pdf)



第十一回のこ座報告書 PDF版ダウンロード(nokoza11_report.pdf)


2017.7.17 14:00-16:00

第十一回のこ座「起の礎」 / Nokoza 11


第十回のこ座報告書 PDF版ダウンロード(nokoza10_report.pdf)


2017.6.11 14:00-16:00

第十回のこ座「尾州」 / Nokoza 10


2017.5.30 19:30-

後藤宏光単独演舞 「KAMI お仕舞い」 / Performance "Oshimai"


日時
平成29年5月30日 午後7時30分〜

会場
のこぎり二 (愛知県一宮市篭屋4-11-3)
一宮駅より「起」行きバス「篭屋」停留所下車徒歩1分


2017.5.1-31 11:00-19:00

サカオ・ケンジ 作品展 「KAMI 日本神話を造形する」 / Kenji Sakao Ex "KAMI"


展示期間
平成29年5月1日〜31日 午前11時〜午後7時 会期中無休

展示会場
のこぎり二 (愛知県一宮市篭屋4-11-3)
一宮駅より「起」行きバス「篭屋」停留所下車徒歩1分

2017.6.11 14:00-16:00

第十回のこ座「尾州」 / Nokoza 10


第九回のこ座報告書 PDF版ダウンロード(nokoza09_report.pdf)


2017.5.28 14:00-16:00

第九回のこ座「散策・起」 / Nokoza 09


第八回のこ座報告書 PDF版ダウンロード(nokoza08_report.pdf)


2017.5.21 10:00-12:00

第八回のこ座「散策・玉ノ井」 / Nokoza 08


第七回のこ座報告書 PDF版ダウンロード(nokoza07_report.pdf)


2017.5.7 13:00-17:00

第七回のこ座「小さな学び舎」 / Nokoza 07


第六回のこ座報告書 PDF版ダウンロード(nokoza06_report.pdf)


2017.4.23 18:00-21:00

第六回のこ座「のこぎりマッピング」 / Nokoza 06


2017.4.8-23 11:00-18:00

西村正徳 個展 「北光線のムーブメント」 / Masanori Nishimura Ex "Movement in the Northlight"


展示期間
平成29年4月8日〜23日 午前11時〜午後6時 会期中無休

展示会場
工場福島 (愛知県一宮市篭屋4-12-34)のこぎり二の隣

一宮駅より「起」行きバス「篭屋」停留所下車徒歩1分

場所によって形態を変化させる作品「Movement」
北光線に満たされたのこぎり屋根工場に展示します
「光の作品」と「工場の光」の融合をお楽しみ下さい


第五回のこ座報告書 PDF版ダウンロード(nokoza05_report.pdf)


2017.3.26 14:00-16:00 at Dante

第五回のこ座 / nokoza05


イングランド北部ヨークシャーにあるノースライトギャラリーは、かつては大きな繊維工場でした。
この地方も繊維業の衰退で多くの工場が存続に危機に陥りました。
ノースライトギャラリーオーナーのマークさんは、
先祖が築いてきた歴史や文化を書物の中の物語だけでは終わらせたくないという想いで、
工場を大切に保存し、2000年に立派な美術館としてオープンしました。
2005年に写真家の吉田敬子さんがこの美術館を訪れています。
そのとき交わした「いつかこのギャラリーで日本の鋸屋根工場の写真展を開催して下さい」という言葉。
12年経った今、この約束を果たすために動き始めます。

日時
平成29年3月26日 14:00〜16:00

場所
カフェ&ギャラリー ダンテ
愛知県一宮市奥町大切前71-1

参加費
500円(ダンテのドリング代)

内容
現地レポート(園原くんよりスライドショー)
12年前の話(吉田毛敬子さんより)
展示計画

当日、会場のダンテでは平松毛織主催の展示「ある工場」が開催されています。 合わせてご覧下さい。


第四回のこ座報告書 PDF版ダウンロード(nokoza04_report.pdf)


2017.3.19 10:00-12:00

第四回のこ座 / nokoza04


解体された工場「起染色」から分けてもらった埃まみれの古い品々を
「磨く」作業をしながら皆さんでノコギリ屋根古材の使い途を考えます。

参加費
無料(どなたでも参加できます)

持ち物
軍手、磨き道具(雑巾・たわし等)

日時
平成29年3月19日 10:00〜12:00

会場
のこぎり二

企画
(仮称)ノコヤネ廃材活用研究会


2017.3.4

ある工場 / Aru Koba Ex


2017.2.12

第三回のこ座 / Nokoza 3

第三回のこ座報告書 PDF版ダウンロード(nokoza03_report.pdf)


2016.12.23

第二回のこ座 / Nokoza 2

第二回のこ座報告書 PDF版ダウンロード(nokoza02_report.pdf)


2016.12.17

注連縄教室 / Shimenawa class

みなさまお疲れさまでした。
最初は寒かったのですが、わらを締めているうちにそんなこと忘れていました。ぼくだけでしょうか。
イントラクターの青木さん、苦労様でした。
来年もできるといいですね。


2016.11.3

第一回のこ座 / Nokoza 1

PDF版ダウンロード(nokoza_report_m.pdf)


2016.9.16

市長さん。 / Welcome Mayor.

一宮市長がのこぎり二にいらっしゃいました。 ノコギリ屋根工場の可能性についてお話ししました。

市長、一宮市経済振興課の方、一宮商工会議所の方、JTBの方々。

はじめとおわり展の主催者青木さんが市長に展示内容を丁寧に説明されていました。

絵の中にみなさんが入りました。

絵の中に仕掛けられた2つのカメラに写る2つの映像。

一宮の絵に囲まれながら、各々の一宮観を話し合いました。

ワークスペースもご案内しました。

最後はカフェにご案内しました。梅津諭さんに描いて頂いたメニューもご紹介しました。

短くて、いい時間でした。


2016.9.3 〜 9.25 / 11:00〜17:00

はじめとおわり展 / Hajime to Owari Exhibition

ひとつむぎによるバトンプロジェクト「アートドッグズ138」壁画を展示します。


2016.01.05

展示風景 / After the Exhibition.

年末のお忙しい時期にも関わらず、「のこぎりと蔵展」へご来場ありがとうございました。 会場は暫く今の状態を維持しておく予定ですので、来場ご希望の方はご連絡下さい。 本年も宜しくお願い致します。

Thank you for coming to our exhibition even though it was the busy time of the year. We are going to keep the exibition for some time, please contact us if you want to visit. We look forward to cooperate again in this year.

Photo : Minoru Yabuki


2015.12.30

のこぎりと蔵展 / Nokogiri and Storehouse Exhibition

大正3年に建てられた蔵。 その中で長い間眠っていたものを 平松毛織工場内にて展示・販売いたします。 日用品や工芸品、当時の写真など様々なものが見つかりました。 年末の慌ただしい時期ですが、是非お立ち寄り下さい。

Our storehouse was built in 1914. We are going to exhibit and sell what had lain asleep for a long time in the storehouse. There are daily necessities and crafts, photos of the day and more. The end of the year is a busy time, but please find time to visit us.

当時の人たちの写真も展示致します。

We are going to exhibit some old photos of people at the time.


2015.08.18

土壁補修。 / Repairing of the mud-plastered storage wall.

以前応急処置したベニア板を外します。
After tearing parts of the wall we placed a layer of wood for protection which was later removed.

外から内から。
Work continued simultaneously on the outside and inside.

竹子舞の代わりは万能選手胴縁目透し。
We decided to use a thin wooden plate instead of the traditionally used knitted bamboo frame.

左官屋さんに登ってもらいました。
The plasterer is working on a high ladder.

崩れた土に水を入れて捏ねれば何度でも使えます。
We applied many thin layers of a mixture prepared beforehand from soil, sand short cut straw and water.

下塗り。今日はここまで。
First part of the renovation completed. The wall has been left to dry.


2015.06.28

たたきづくり。 / Making the earthen floor.

たたく前は長尺シートが貼ってありました。

Before the renovation the floor was PCV.

土を近所の田んぼで取ってきて、天日干しします。

We brought soil from the rice field.

あとはひたすら叩くだけです。

After mixing the soil with lime, and a tiny bit of water, comes the most difficult part – beating it until the floor becomes hard.

この人はずっとこれ持ってました。

A special hammer made for beating.

この人はずっとこねてました。
Mixing the soil and the lime.

この人はずっと叩いてました。
More beating.